京都府

京都府

 近畿運輸局は28日、車検の有効期限が切れた状態で路線バスを運行したとして、道路運送法に基づき、京阪京都交通(京都市南区)に対しバス3台を延べ20日間、丹後海陸交通(宮津市)に対しバス6台を延べ70日間それぞれ使用停止とする行政処分を行った。

 同運輸局によると、京阪京都交通は今年1月12~20日の計8運行で、丹後海陸交通は昨年12月13日の1運行で、それぞれ車検が切れたバスに乗客を乗せて運行したという。両社からの自主申告などを受けて監査を行った。