京都中央信用金庫(理事長 白波瀬 誠)は、このたび、滋賀県が発行するサステナビリティリンクボンド(以下 本債券)への投資を決定しましたのでお知らせいたします。

 「サステナビリティリンクボンド」とは、あらかじめ定められたサステナビリティ/ESG の目標の達成条件に応じて財務的・構造的に変化する可能性のある債券のことを指します。発行体があらかじめ定めた重要な評価指標とサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(以下、SPT)によって評価され、発行体にSPT 達成に向けた動機付けを与える債券です。

 本債券の発行条件と連動するSPTとしては「滋賀県庁にて、2030年度に2014年度比で温室効果ガス排出量50%削減」を設定しています。投資を通じて、滋賀県のSPT達成に向けた取り組みを支援することで、温室効果ガス削減に向けた取り組みが推進され、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献するものです。

 当金庫は、社会的課題や環境問題の解決に繋がる事業、SDGsの達成に貢献する事業を資金面からサポートし持続可能な社会の形成に寄与すべく、今後も社会的使命・役割を果たして参ります。

〈サステナビリティボンドの概要〉

債券名 滋賀県第1回サステナビリティ・リンク・ボンド公募公債

年限 10年

発行額 50億円

発行日 2022年5月12日

以上

プレスリリース(PDF)はこちら