鮮やかなデザインで生理用品の概念を変えた話題のコラボがスケールアップ︕
「エリス×M / mika ninagawa」コラボデザイン第2弾 数量限定発売

 ふんわり華やかな8種のデザインで憂鬱な気分を癒す「エリス 素肌のきもち」
 色鮮やかな7種のデザインで気分を上げる「エリス コンパクトガード」

 衛生用紙製品No.1ブランド※1の「エリエール」を展開する大王製紙株式会社(本社︓東京都千代田区)は、写真家・映画監督の蜷川実花さんが手がける「M / mika ninagawa」とコラボレーションした生理用ナプキン「エリス 素肌のきもち」(17商品)、「エリス コンパクトガード」(10商品)を2022年7月1日(金)から数量限定で全国発売します。

 

■発売の狙い
 昨年4月、”憂鬱になりがちな期間に使用する生理用品だからこそ、少しでも気分を上げられる商品を作りたい”という「エリス コンパクトガード」の想いと、“生理を取り巻く環境を少しでも明るくしたい”という蜷川実花さんの想いが一致して実現した「エリス」×「M / mika ninagawa」の業界初コラボレーション。“おうちにあるだけで、カバンに入っているだけで気持ちが上向きになるようなデザイン(by蜷川実花さん)”は、従来の生理用品の常識や価値観にとらわれない鮮やかなパッケージが話題となり、大きな反響をいただきました。

 そして今春、「だれかではなく、あなたのそばに。」という新しいブランドメッセージのもと、ひとりひとりに寄り添うブランドに刷新した「エリス」と、「M / mika ninagawa」のコラボデザイン第2弾が実現。新たに「エリス 素肌のきもち」をラインナップに加え、写真をベースにしたフラワーモチーフのデザインも昨年の6種から15種とスケールアップします。“生理用品らしくない”華やかなデザインで、ひとりひとりが”あなたらしく”いられるよう、寄り添ってまいります。

■商品について
 新たにラインナップに加わった『エリス 素肌のきもち M / mika ninagawaコラボ企画品』は、ナプキンの長さに応じて異なるフラワーデザイン全8種を展開。エリスとしては初めて不織布にカラープリントした個包装を採用し、肌にやさしい機能性と鮮やかかつやわらかい印象のデザインで、やさしい品質の生理用品を求める方のニーズに応えます。

 『エリス コンパクトガード M / mika ninagawaコラボ企画品』は、ヴィヴィッドな色合いが特徴的な全7種のグラフィックを揃えました。生理用品の概念を変える鮮やかなデザインで、憂鬱になりがちな生理中の気分を高めます。

※1:インテージSRI+ ティシュー市場、トイレットペーパー市場、キッチンペーパー市場、ペーパータオル市場の合算(2021年度メーカー別売上金額)


<蜷川実花さんコメント>
 毎月の憂鬱な気分を少しでもやわらかくできたら、という思いでのぞんだ前回の取り組みに、「堂々と持ち歩ける︕」「いつも気持ちが塞いでいたけど、可愛いデザインで元気になれる」という反響をいただき、とても嬉しい反面、多くの女性が大変な思いをしているんだと改めて感じました。

 「奨学ナプキン」など、ひとりひとりに寄り添うプロジェクトを展開するエリスとの2度めのコラボレーションが実現した今回。持っているだけで気分が上向きになるような生理用品を通して、生理は恥ずかしいものでも隠すものでもないという意識が浸透し、生理を取り巻く環境が明るくなるきっかけに少しでもなれたら嬉しいです。

プレスリリース(PDF)はこちら