「脱はんこ」の流れが急速に進む中、京都市中京区の老舗はんこ会社が、どら焼きの販売を始めた。本業の収入減を補いつつ、