市内

客席フラット化、京都・南座が不思議な劇空間に 上演中の「サクラヒメ」

記事を保存
Twitter Facebook Hatena
[ この写真の記事へ ]
南座で上演中の「サクラヒメ」。従来の1階客席を取り外し、舞台と客席エリア全体で同時多発的にパフォーマンスが展開する(京都市東山区)
南座で上演中の「サクラヒメ」。従来の1階客席を取り外し、舞台と客席エリア全体で同時多発的にパフォーマンスが展開する(京都市東山区)
1階の観客は黒の羽織を着用。立ったまま好みの位置で劇を見ていると、演者が間近に入り交じる。観客が演者を触ることは禁止だが、演者から触れてくることがある
1階の観客は黒の羽織を着用。立ったまま好みの位置で劇を見ていると、演者が間近に入り交じる。観客が演者を触ることは禁止だが、演者から触れてくることがある
1階後方で観客に交じりストリートダンスをする演者(右下の2人)
1階後方で観客に交じりストリートダンスをする演者(右下の2人)
南座で上演中の「サクラヒメ」。従来の1階客席を取り外し、舞台と客席エリア全体で同時多発的にパフォーマンスが展開する(京都市東山区)
1階の観客は黒の羽織を着用。立ったまま好みの位置で劇を見ていると、演者が間近に入り交じる。観客が演者を触ることは禁止だが、演者から触れてくることがある
1階後方で観客に交じりストリートダンスをする演者(右下の2人)
[ この写真の記事へ ]

「文化・ライフ」の写真

関連記事

人気ランキング

動画ライブラリ

開幕戦に向けて練習する京都サンガFC(2021年2月23日)
開幕戦に向けて練習する京都サンガFC(2021年2月23日)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース