地域

平等院鳳凰堂の扉に1000年前の絵図 複数の菩薩が飛び交う姿、光学調査で判明 京都・宇治

記事を保存
Twitter Facebook Hatena
[ この写真の記事へ ]
光学調査で、菩薩が建物のすぐ上を飛ぶ来迎図が浮かび上がった鳳凰堂旧東面中央扉(東京文化財研究所・城野誠治氏撮影)
光学調査で、菩薩が建物のすぐ上を飛ぶ来迎図が浮かび上がった鳳凰堂旧東面中央扉(東京文化財研究所・城野誠治氏撮影)
菩薩が建物のすぐ上を飛ぶ来迎図のイメージ図(金沢美術工芸大・荒木恵信氏作画)
菩薩が建物のすぐ上を飛ぶ来迎図のイメージ図(金沢美術工芸大・荒木恵信氏作画)
上品上生の来迎図が確認された鳳凰堂の旧東面中央扉(宇治市宇治)
上品上生の来迎図が確認された鳳凰堂の旧東面中央扉(宇治市宇治)
光学調査で、菩薩が建物のすぐ上を飛ぶ来迎図が浮かび上がった鳳凰堂旧東面中央扉(東京文化財研究所・城野誠治氏撮影)
菩薩が建物のすぐ上を飛ぶ来迎図のイメージ図(金沢美術工芸大・荒木恵信氏作画)
上品上生の来迎図が確認された鳳凰堂の旧東面中央扉(宇治市宇治)
[ この写真の記事へ ]

「文化・ライフ」の写真

関連記事

人気ランキング

動画ライブラリ

天台宗の全国一斉托鉢が行われた(2020年12月1日、大津市)
天台宗の全国一斉托鉢が行われた(2020年12月1日、大津市)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース