地域

「若鮎」ならぬ「若アユモドキ」新たな名物に 季節が薫るあんで通年販売

記事を保存
Twitter Facebook Hatena
[ この写真の記事へ ]
新たな亀岡土産として開発した「若アユモドキ」。形や原材料にこだわりが詰まる(亀岡市南つつじケ丘・リカーショップ寿屋)
新たな亀岡土産として開発した「若アユモドキ」。形や原材料にこだわりが詰まる(亀岡市南つつじケ丘・リカーショップ寿屋)
新たな亀岡土産として開発した「若アユモドキ」。形や原材料にこだわりが詰まる(亀岡市南つつじケ丘・リカーショップ寿屋)
[ この写真の記事へ ]

「社会」の写真

関連記事

人気ランキング

動画ライブラリ

滋賀の紅葉「マキノのメタセコイア並木」(2021年12月2日 滋賀県高島市)
滋賀の紅葉「マキノのメタセコイア並木」(2021年12月2日 滋賀県高島市)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース