市内

男性が動物園に4年間通い詰め、動物を描く理由 鉛筆画で皮膚の質感、毛並み一本一本まで

記事を保存
Twitter Facebook Hatena
[ この写真の記事へ ]
新作となるキリンのイブキ。コロナ禍で動物園が臨時休園していたため、園外から観察して仕上げた
新作となるキリンのイブキ。コロナ禍で動物園が臨時休園していたため、園外から観察して仕上げた
エミューの豪
エミューの豪
7カ月掛けて完成させたライオンのナイル。個展では展示していない
7カ月掛けて完成させたライオンのナイル。個展では展示していない
動物園に通い続ける琴塚さん。個展では鉛筆画のほか、膨大な量のスケッチなども置き、「虫眼鏡もあるので細かいところまで見てほしい」と呼び掛けている(京都市左京区山端壱町田町・春巻スタンド ラップ&ロール)
動物園に通い続ける琴塚さん。個展では鉛筆画のほか、膨大な量のスケッチなども置き、「虫眼鏡もあるので細かいところまで見てほしい」と呼び掛けている(京都市左京区山端壱町田町・春巻スタンド ラップ&ロール)
動物のスケッチや観察記録は1600枚以上にもなる
動物のスケッチや観察記録は1600枚以上にもなる
動物園で絵を描く琴塚さん。手に付いた鉛筆の粉で用紙が汚れないように、左側から絵を描き進めるという(2020年8月、京都市左京区・市動物園)=琴塚さん提供
動物園で絵を描く琴塚さん。手に付いた鉛筆の粉で用紙が汚れないように、左側から絵を描き進めるという(2020年8月、京都市左京区・市動物園)=琴塚さん提供
新作となるキリンのイブキ。コロナ禍で動物園が臨時休園していたため、園外から観察して仕上げた
エミューの豪
7カ月掛けて完成させたライオンのナイル。個展では展示していない
動物園に通い続ける琴塚さん。個展では鉛筆画のほか、膨大な量のスケッチなども置き、「虫眼鏡もあるので細かいところまで見てほしい」と呼び掛けている(京都市左京区山端壱町田町・春巻スタンド ラップ&ロール)
動物のスケッチや観察記録は1600枚以上にもなる
動物園で絵を描く琴塚さん。手に付いた鉛筆の粉で用紙が汚れないように、左側から絵を描き進めるという(2020年8月、京都市左京区・市動物園)=琴塚さん提供
[ この写真の記事へ ]

「文化・ライフ」の写真

関連記事

人気ランキング

動画ライブラリ

京都・清水寺「紅葉ライトアップ」(2021年11月17日 京都市東山区)
京都・清水寺「紅葉ライトアップ」(2021年11月17日 京都市東山区)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース