〈立春〉

 暦の上で、春の気配がたち始める「立春」。四季が色なす日本では、1年の始まりとも言えます。風の冷たさの中にも、日差しがやわらかく、ぬくもりが感じられ、ほんのりの梅の香りが漂う-そんな季節の始まりです。

 立春の前日の「節分」には、1年の厄払いを願って豆まきをする。そうして迎えた立春の早朝、禅寺などでは門に「立春大吉」と記した紙が貼りだされます。穏やかな1年の到来を祈らずにはいられません。

 百花にさきがけて咲くことから「花の兄」とも呼ばれる梅。真っすぐに伸びた枝先に、春の光を宿すようです。

◇茶花…聞こえる? 春の足音


【花・文】西本宗寂

【花入】虎杖 【花材】梅

◇英国式…穏やかな箱庭世界


【花・文】かわべやすこ

【花材】冬至梅、ニホンスイセン、ピスタチアリーフ、ラナンキュラス(キティラ)、ブルースター(オルキブルー)、コデマリ、ヤマゴケ

   ×   ×   ×

 太陽の動きをもとに、1年を24に分けて季節を表す二十四節気。春分や秋分、夏至や冬至など、私たち日本人の暮らしの節目にもなっています。美しい季節のことばに寄り添い、茶室に生ける茶花と英国式フラワーアレンジメントを、その時季の風物とともに紹介していきます。

THE KYOTOへの会員登録・ログイン
続きを読むには京都新聞IDへの登録が必要です。
京都新聞IDのご案内はこちら