金色に輝く岩場に囲まれて、優美で奇天烈な仙人の風貌が、靄の切れ目に浮かび上がる―。まさに、ここは俗界から隔絶された仙境なのかもしれません。

今尾景年筆〈群仙図〉(明治19〔1886〕年、千總蔵)上:右隻、下:左隻

 本作は、今尾景年筆〈群仙図〉です。

「不老長寿」の群仙図

 中国の神仙思想や道教から生まれた仙人は不老不死の修行者であり、それぞれが人智を超えた道術を使い、超人的な力で霊獣や動物を従えます。群仙を描いた絵画は、不老長寿を寓意する吉祥のモチーフとして、古くから親しまれてきました。そして、絵画に描かれる仙人は、描かれた道術や動物との組み合わせによって、推定することができます。本作に描かれた仙人をご紹介します。

 
THE KYOTOへの会員登録・ログイン
続きを読むには京都新聞IDへの登録が必要です。
京都新聞IDのご案内はこちら