〈春分〉

 太陽が真東から昇って真西に沈むというこの日、昼と夜の長さはほぼ同じになります。春分を基点に、前後3日を含んだ7日間が「春の彼岸」。「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉のように、寒さが和らぎ、すごしやすい季節が訪れます。うららかな日差しを受け、また、雨の潤いを含み、草木も、虫や鳥たちも命の輝きを増すようです。

 二十四節気をさらに3区分した「七十二候」で、春分の半ばは「桜始開(さくらはじめてひらく)」。南から北へ、少しずつ花だよりが届きます。

◇茶花…花房一つ落とさずに


【花・文】西本宗寂

【花入】浅尾憲平作 信楽焼花入【花材】啓翁桜

◇桜のホールアレンジ


【花・文】かわべやすこ

【花材】啓翁桜、スイートピー、ラナンキュラス、ヒヤシンス、ホワイトレースフラワー、チューリップ

   ×   ×   ×

 太陽の動きをもとに、1年を24に分けて季節を表す二十四節気。春分や秋分、夏至や冬至など、私たち日本人の暮らしの節目にもなっています。美しい季節のことばに寄り添い、茶室に生ける茶花と英国式フラワーアレンジメントを、その時季の風物とともに紹介していきます。

THE KYOTOへの会員登録・ログイン
続きを読むには京都新聞IDへの登録が必要です。
京都新聞IDのご案内はこちら