〈清明〉

 空気は澄み、野に山に、春の暖かな陽光が満ちてきました。清明は、万物が清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という言葉の略。色とりどりの花が咲き初め、鳥や蝶が飛び交い、さわやかな風が吹く…。満開の桜を見上げると、心も自然に弾みます。

 この季節の花といえば、チューリップ。日本に伝来したのは、江戸末期とされ、ほろ苦い香りから鬱金香(うっこんこう)の和名もあります。

◇茶花…静けさ、優しさ求め


【花・文】西本宗寂

【花入】深川製磁【花材】チューリップ、シロモジ

◇ワンアイテムアレンジ


【花・文】かわべやすこ

【花材】チューリップ(バレリーナ)、コニファー(ブルーアイス)、リキュウソウ、ブプレリウム、ヘーゼルナッツゼラニウム

 

   ×   ×   ×

 太陽の動きをもとに、1年を24に分けて季節を表す二十四節気。春分や秋分、夏至や冬至など、私たち日本人の暮らしの節目にもなっています。美しい季節のことばに寄り添い、茶室に生ける茶花と英国式フラワーアレンジメントを、その時季の風物とともに紹介していきます。

THE KYOTOへの会員登録・ログイン
続きを読むには京都新聞IDへの登録が必要です。
京都新聞IDのご案内はこちら