〈夏至〉

 一年で最も高く太陽が上り、昼の時間が長い日です。冬至と比べると、昼間の時間は4時間以上もあるとか。暦の上では夏の真ん中にあたりますが、実際は梅雨の真っ盛り。気温も日増しに高くなり、夏本番を迎えます。

 梅雨時の街角を彩る紫陽花。日を経るに従って花の色は徐々に変化します。「七変化」や「八仙花」とも呼ばれ、古くから詩歌にも詠われてきました。

◇茶花…雨を感じて


【花・文】西本宗寂

【花入】染錦鳳凰角花生【花材】西洋紫陽花

トレーリングアレンジ


【花・文】かわべやすこ

【花材】アジサイ(パープル)、ダリア(カマクラ)、コチョウラン、ピンポンマム

  ×   ×   ×

 太陽の動きをもとに、1年を24に分けて季節を表す二十四節気。春分や秋分、夏至や冬至など、私たち日本人の暮らしの節目にもなっています。美しい季節のことばに寄り添い、茶室に生ける茶花と英国式フラワーアレンジメントを、その時季の風物とともに紹介していきます。

THE KYOTOへの会員登録・ログイン
続きを読むには京都新聞IDへの登録が必要です。
京都新聞IDのご案内はこちら