04 August 2022

ひとひらの景
千日詣り

 京都の歳時記に見る、日本の気配ー。風に、光に、歴史に育まれた文化と季節の色がにじむ。
Photo by 田口葉子
 
 
 
 
 

 京都の西を守る愛宕山。標高924メートルあり、山頂には愛宕神社が鎮座している。
 ご祭神は迦倶槌命(かぐつちのみこと)であり、火伏せの神様としての信仰が厚い。
 通夜祭である7月31日の夜から8月1日にかけてのお詣りは、千日分のご利益があるとされ、多くの参詣者が神社を目指して険しい山道を登る。

 道中、「おのぼりやす〜」「おくだりやす〜」と励まし掛け合う声があちこちで聞こえてくる。
 3才までに愛宕詣りをすると、その子は生涯、火難を免れるとされる。背負子で子どもを背負って登る姿は、京都の夏の風物詩になっている。

Related
ひとひらの景
雨滴り
Photo by 田口葉子
ひとひらの景
夏至
Photo by 田口葉子
ひとひらの景
紫陽花
Photo by 田口葉子
ひとひらの景
神苑
Photo by 田口葉子
ひとひらの景
青苔
Photo by 田口葉子
ひとひらの景
業平忌
Photo by 田口葉子
ひとひらの景
青嵐
Photo by 田口葉子