出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「君の名は。」大音量で見て 京都で17日から「爆音映画祭」

 コンサート用スピーカーなど最新の音響設備を映画館に持ち込み、大音量で映画を体感する「爆音映画祭」が17~19日、京都市中京区のMOVIX京都で開かれる。昨年大ヒットしたアニメの「この世界の片隅に」や「君の名は。」など9作品を上映。「音や振動を体全体で浴び、一度見た作品でも新発見があるはず」という。

 東京・吉祥寺の映画館で2004年に始まり、各地を巡回している。通常の3~4倍の音量を出す一方、上映館ごとにスピーカーの位置や音の周波数を調整し「聞きやすい大音量」を追求している。

 総合プロデューサーで映画評論家の樋口泰人さん(60)は「音楽やアクションなど作品の特性を見極め、魅力を最大限引き出せるよう一本ずつ音を調整している」と話す。

 戦時下の広島・呉を舞台にした「この世界の片隅に」では、空襲などの場面が大きな音で響くことで「日常の静けさや主題歌の<悲しくてやりきれない>が逆に引き立つ」と語る。また、全国初の爆音上映となる「君の名は。」は、主題歌を歌うバンド「RADWIMPS」の音楽が「気持ちよく感じられるよう工夫した」という。

 このほかミュージカル映画の「ラ・ラ・ランド」や「レ・ミゼラブル」は、多方向から歌が重なる面白さを強調。カーバトルの「マッドマックス 怒りのデス・ロード」や「ベイビー・ドライバー」など人気作のほか、タランティーノ監督によるB級感満載の「デス・プルーフinグラインドハウス」などマニアックな作品もある。

 MOVIX京都では約300席のスクリーンを使う。集客が順調ならば今後も京都で定期的に開く予定で、樋口さんは「勝新太郎の座頭市や中島貞夫監督の『狂った野獣』など、京都で撮影された映画もいつか爆音で上映したい」と夢見る。

 1作品一律1800円。他都市では満席の回もあり、前売り券購入を勧める。上映の詳細はホームページhttp://www.bakuon-bb.net/か同京都075(254)3215へ。

【 2017年11月13日 17時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      01年以来の4強ならず 近江、2点スクイズ逆転サヨナラ

      20180818000162

       第100回全国高校野球選手権第14日は18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準々決勝4試合..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都伝統の地蔵盆、存続の岐路 不参加増え自治会苦慮

      20180818000160

       伝統行事の地蔵盆の維持に苦慮する京都市内の町内会が増えている。市中心部でホテルやマンシ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]