出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

日本の調査捕鯨を違反認定
ワシントン条約の常設委

 絶滅の恐れが高いとされるイワシクジラの親子(米海洋大気局提供)
 絶滅の恐れが高いとされるイワシクジラの親子(米海洋大気局提供)

 絶滅の恐れがある野生動植物の国際取引を規制するワシントン条約の常設委員会は2日、ロシア・ソチでの会合で、日本が北太平洋の調査捕鯨で捕獲したイワシクジラの肉を販売目的で水揚げすることが、条約違反に当たると判断し、日本政府に適切な対応を求めることを決めた。日本政府も、来年の次回委員会に是正策を示すことを表明した。

 イワシクジラは科学研究目的として捕獲されているが、肉は国内で販売され、収益が費用の一部に充てられている。政府は、肉の販売中止など調査捕鯨計画の大幅な見直しを迫られる。同条約は、公海で捕獲して自国内に持ち込む場合でも規制対象になると規定している。

【 2018年10月03日 00時56分 】

ニュース写真

  •  絶滅の恐れが高いとされるイワシクジラの親子(米海洋大気局提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース