出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

米、中国の内政干渉を非難
ペンス氏、南シナ海で対抗

 ペンス米副大統領(ロイター=共同)
 ペンス米副大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】ペンス米副大統領は4日午前(日本時間5日未明)、ワシントンのシンクタンクで演説し、トランプ大統領が中国に貿易戦争を仕掛ける中、中国が政権交代を狙って内政干渉をしていると非難した。南シナ海で海洋進出を強める中国に断固対抗する姿勢をアピール。中国が沖縄県・尖閣諸島周辺で監視活動を常態化させているが「尖閣は日本の施政権下にある」とも強調した。

 ペンス氏は演説で「中国は別の大統領を望んでいる」と述べ「米国に内政干渉しようとかつてないほど力を誇示している」と指摘、「威圧的な力の行使」だと批判した。

【 2018年10月05日 00時56分 】

ニュース写真

  •  ペンス米副大統領(ロイター=共同)
  •  ワシントンのシンクタンクで演説するペンス米副大統領=4日(AP=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース