出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

中国船、水産庁職員乗せ逃走
鹿児島県沖で11月に

 記者会見する菅官房長官=27日午前、首相官邸
 記者会見する菅官房長官=27日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、11月5日に鹿児島県沖で違法操業していたとみられる中国の漁船が、立ち入り検査をした水産庁職員を乗せたまま逃走していたと明らかにした。「悪質な事案であり、中国に対して外交ルートを通じて申し入れを行った」と述べた。

 水産庁によると底引き網漁船1隻に職員約10人が立ち入り検査した。漁船は午前中に逃走し、水産庁職員は夜に漁船から戻った。当初は夕方としていたが修正した。立ち入った時間は約12時間だった。漁船が操業していたのは日本の排他的経済水域(EEZ)で、日中両国が操業できる中間水域に逃走した。

【 2018年12月27日 13時16分 】

ニュース写真

  •  記者会見する菅官房長官=27日午前、首相官邸
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース