出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

3~5歳の教育無償化を正式決定
幼稚園と保育所、来秋から

 教育無償化のポイント
 教育無償化のポイント

 政府は28日、幼児教育・高等教育の無償化について関係閣僚会合を開き、3~5歳児は原則全世帯、0~2歳児は住民税非課税の低所得世帯を対象に、来年10月からスタートさせることを正式に決めた。高等教育無償化では2020年度から、大学などに通う低所得世帯の学生に、返済不要の給付型奨学金を支給することを決めた。

 幼児期に教育を受ける機会を保障するとともに、子育て世帯の負担軽減を図ることで少子化対策につなげる。来年の通常国会に関連法案を提出し、早期成立を目指す。

 安倍晋三首相は会合で「国の社会保障を全世代型に転換する。無償化は重要な第一歩だ」と述べた。

【 2018年12月28日 11時31分 】

ニュース写真

  •  教育無償化のポイント
  •  幼児教育・高等教育の無償化についての関係閣僚会合であいさつする安倍首相(左)=28日午前、首相官邸
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース