出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ウナギ稚魚の履歴確認へ
水産庁、資源管理を強化

 ウナギの稚魚シラスウナギ(第11管区海上保安本部提供)
 ウナギの稚魚シラスウナギ(第11管区海上保安本部提供)

 水産庁が、ニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」の不透明な採捕の解消を目指し、取引履歴を確認できる仕組みの整備を検討することが9日分かった。密漁が横行しているとの疑念が広がっているのに対応する。ウナギの資源管理は乱獲などによる資源減少を背景に厳しい目が向けられており、強化に乗り出す。手始めに具体化に向け2019年度に実態調査を実施する。

 ウナギは通常、採捕された稚魚を養殖池に入れ、大きく育てた後出荷する。稚魚はつまようじほどの大きさで、夜の河川に入って網ですくうなどして捕まえる。稚魚の採捕者は全国で2万人以上に上る。

【 2019年02月09日 05時26分 】

ニュース写真

  •  ウナギの稚魚シラスウナギ(第11管区海上保安本部提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース