出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京マチ子さん、京都とともに去りぬ 「グランプリ女優」の栄光

かつて太秦にあった大映京都撮影所内には「羅生門」のベネチア映画祭受賞を記念した「グランプリ広場」があり、京マチ子さんも訪れた=1950年代、京都文化博物館提供
かつて太秦にあった大映京都撮影所内には「羅生門」のベネチア映画祭受賞を記念した「グランプリ広場」があり、京マチ子さんも訪れた=1950年代、京都文化博物館提供

 戦後日本を代表する銀幕スター・京マチ子さんが12日死去した。95歳。その代表作の多くは、京都・太秦の撮影所で作られた。ベネチア映画祭グランプリの「羅生門」(1950年)をはじめ、同映画祭銀獅子賞「雨月物語」(53年)、カンヌ映画祭グランプリ「地獄門」(53年)など、京都や日本の映画黄金時代を象徴する存在だった。黒澤明、溝口健二ら巨匠と組み、「グランプリ女優」として時代をつくった。

 大阪出身。京マチ子という芸名は大阪松竹少女歌劇団(現OSK)に入団した戦前、「京町さんという上級生の方の名前から家族が付けてくれました」という。OSK在籍中の44年、京都で撮られた時代劇「天狗(てんぐ)倒し」で映画初出演。戦後、エキゾチックな顔立ちや豊満な体格で、OSKのスターに。南座の舞台に立った際、大映京都撮影所からスカウトされ、49年に専属女優として入社した。

 出世作は、谷崎潤一郎原作「痴人の愛」(49年)。「京都の谷崎先生のご自宅まで招いていただき、褒めていただきました」と、振り返っていた。

 大映京都で撮られた黒澤監督「羅生門」では、三船敏郎さん演じる山賊に、夫の目前で襲われる女性役を演じた。「木屋町の宿舎でみっちり稽古してから撮影に臨んだ」といい、ダンスで鍛えた躍動感とともに、自分の言い分を堂々と主張する野性的な女性像を作り上げた。51年の「偽れる盛装」では、京都・宮川町の芸妓役で女の意地を見せ、両作品で大女優の地位を決定づけた。

 溝口監督「雨月物語」では、戦国の近江を舞台に、男を誘い込む亡霊の女を幽玄的に演じた。衣笠貞之助監督「地獄門」では、長谷川一夫演じる武将に慕われる人妻役を華麗に見せた。

 ほかにも谷崎潤一郎原作で京都が舞台の「鍵」(59年)など、約100作品に出演。太秦の松竹撮影所で撮られたテレビの「必殺」シリーズで妖艶な女殺し屋も演じた。2006年には半世紀以上ぶりに南座に出演。橋田壽賀子さん作、石井ふく子さん演出の喜劇「ああ離婚」で主演した。

 京都を訪れる際は、自身を育てた溝口監督や谷崎らへの墓参を欠かさなかった。「懐かしい京都でもう一度映画を撮れたらうれしいですね」。京都は、世界に羽ばたく忘れ得ぬ地だった。

【 2019年05月15日 12時27分 】

ニュース写真

  • かつて太秦にあった大映京都撮影所内には「羅生門」のベネチア映画祭受賞を記念した「グランプリ広場」があり、京マチ子さんも訪れた=1950年代、京都文化博物館提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース