出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大リーグ、大谷は長打2本に盗塁
菊池は5失点で降板、勝敗付かず

 タイガース戦の4回途中、降板するマリナーズ・菊池=デトロイト(共同)
 タイガース戦の4回途中、降板するマリナーズ・菊池=デトロイト(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは13日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのパイレーツ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、5打数2安打2打点だった。一回に左翼線への先制二塁打で4試合連続安打とし、二回には左翼線に適時三塁打をマークした。九回に二盗を決めて1年目の昨季に並ぶ10盗塁目を記録した。チームは7―10で打ち負けた。

 マリナーズの菊池はタイガース戦に先発して3回1/3を投げて9安打5失点だった。3―1の四回に2本塁打を浴びて逆転を許して降板したが、打線が再逆転したため、勝敗は付かず、4勝8敗のままだった。チームは11―6で勝った。

【 2019年08月14日 16時16分 】

ニュース写真

  •  タイガース戦の4回途中、降板するマリナーズ・菊池=デトロイト(共同)
  •  パイレーツ戦の2回、左翼線に適時三塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース