出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「風神雷神」伝統織で 西陣呼称550年、京都で展示

7年がかりで織り上げた爪掻本綴織の風神雷神図+(京都市上京区・西陣織会館)
7年がかりで織り上げた爪掻本綴織の風神雷神図+(京都市上京区・西陣織会館)

 江戸初期の絵師俵屋宗達の描いた国宝「風神雷神図屏風(びょうぶ)」を伝統的な綴織(つづれおり)技法で再現した西陣織が、京都市上京区の西陣織会館で公開されている。伝統工芸士4人が7年間かけて織り上げた労作で、西陣の呼称発祥550年を記念し、12日まで展示する。

 西陣織の文化や技術を発信しようと、西陣織工業組合が2007年に制作を始め、14年に完成し、翌年お披露目した。今回は表装を施した上で再公開した。

 作品は、縦1・5メートル、横1・7メートルの綴織2枚からなる。純金糸を含めて400色以上の生糸を用い、くし形に削った爪先で横糸をかき寄せて織り込む「爪掻本綴(つめかきほんつづ)れ技法」で仕上げた。

 同技法は織物の神髄といわれ、1日5ミリ程度しか織れないという。制作者の1人である中尾友美さん(44)は「何色もの糸で髪を表現して表情を際立たせたり、雲の立体感をぼかしで出したりして、西陣織ならではの表現ができた」と話している。入場無料。

 また、同会館では7日まで、東京五輪に参加予定の21カ国の伝統や文化などをモチーフに、日本各地の産地が友禅や手織りなどで表現した着物と帯を展示。12日午後3時から開く「イマジン・ワンワールド きものショー」でも披露する。無料。申し込みは同会館075(451)9231へ。

【 2017年11月06日 23時49分 】

ニュース写真

  • 7年がかりで織り上げた爪掻本綴織の風神雷神図+(京都市上京区・西陣織会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      木津川堤防で雑草火災 京都、野焼きが延焼か

      20180821000021

       20日午前11時30分ごろ、京都府京田辺市東青上の木津川左岸の堤防のり面から火が出てい..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ、畑岡は15位で変わらず
      世界ランキング

      20180821000006

       女子ゴルフの20日付最新世界ランキングが発表され、日本勢トップの畑岡奈紗は15位で前週..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS血小板「1年以内の輸血目指す」 京大、安全性に重点

      20180820000151

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った血小板を血液の難病患者に輸血する臨床研究を厚生..... [ 記事へ ]

      国際

      サウジ、メッカ大巡礼が最高潮
      信者200万人集結

      20180820000196

       【カイロ共同】イスラム教最大の聖地、サウジアラビア西部メッカへの大巡礼(ハッジ)が20..... [ 記事へ ]