出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

仕事場共有「コワーキングスペース」 京都で広がり

業種や会社が異なる人たちが集まり、仕事をするコワーキングスペース。人的交流にもつながっている(京都市中京区・Co&Co)
業種や会社が異なる人たちが集まり、仕事をするコワーキングスペース。人的交流にもつながっている(京都市中京区・Co&Co)

 さまざまな会社や職種の人たちが仕事場を共有する「コワーキングスペース」が、注目されている。会社とはひと味違う居心地の良さや設備の充実に加え、他業種の人と交流する機会もあるなど、魅力は幅広い。京都でも特色ある施設が相次いで開設され、広がりを見せる。

 10月、京都市中京区の烏丸通沿いにコワーキングスペースを備えた「The World Lounge Co&Co」がオープンした。札幌市に続く2店目で、約500平方メートルのフロアにコンセント付きの長机やソファのほか、書店やカフェを備え、くつろげる空間が広がる。語学教室や日本語学校を併設しているのも大きな特徴だ。1日の利用料は1080円、月額で5918円。

 コワーキングスペースは起業家や個人事業者が使うイメージが強いが、社外で仕事をしたい会社員や資格試験に臨む主婦の利用も多いという。運営会社の藤田大次郎取締役は「京都は外国人のビジネスマンも多く、利用者同士の輪が広がっている」と語る。

 今年7月に開業した中京区のカプセルホテル「ザ・ミレニアルズ」(客室数152室)は、ロビーにコワーキングスペースとして机やソファ約90席を設けた。宿泊者だけでなく一般の利用も可能(有料)で、月平均250人以上が訪れるという。

 ほかにも、3Dプリンターやレーザーカッターが設置され、デスクワークに加えてものづくり作業もできる「マテリアル京都」(下京区)や、ワコールが運営する「スタディホール」(南区)など、市内に現在十数件があり、今後もさらに広がっていきそうだ。

【 2017年11月25日 19時30分 】

ニュース写真

  • 業種や会社が異なる人たちが集まり、仕事をするコワーキングスペース。人的交流にもつながっている(京都市中京区・Co&Co)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      安倍首相、トランプ氏と夕食会
      NY到着、貿易議論も

      20180924000005

       【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日午前)、国連総会出席のため..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、長谷部リーグ戦初出場
      ドイツ1部

      20180924000010

       【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで、アイントラハト・フランク..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黄金色の稲穂、刈り取り奉納 滋賀・多賀大社「抜穂祭」

      20180923000117

       滋賀県多賀町の多賀大社で23日、神田の稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が行われた。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]

      国際

      正恩氏、大同江の水質に懸念示す
      ソウル市長に

      20180923000119

       【ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、平壌を流れる大同江の水質に懸念を示して..... [ 記事へ ]