出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

土曜・休日午前に新快速増発 JR西、3月17日ダイヤ改正

 JR西日本は15日、来年3月17日にダイヤ改正を実施すると発表した。東海道線の草津-大阪で土曜・休日午前の新快速を増発。福知山駅発の特急の発車時間を夜間に繰り下げるなどして利便性を高める。

 東海道線では、草津駅発の新快速で土曜・休日の午前10、11時台に大阪駅に到着する電車を1時間当たり1本増やし、京都、滋賀から大阪に出やすくする。

 福知山駅発の特急は、「はしだて」の最終電車の出発を現行より約30分遅い午後8時台に変更し、北近畿地域での滞在時間に充てられるようにする。「こうのとり」の運転時刻も見直し、午後の運転間隔をおおむね1時間に1本とする。

 草津線では、IC乗車券「ICOCA(イコカ)」が利用できる駅を甲南、寺庄、甲賀、油日、柘植に広げる。

【 2017年12月15日 22時50分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース