出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

華やか緞帳「夢」、ワコールが寄贈 宝塚大劇場

宝塚大劇場でお披露目されたワコール提供の新緞帳(兵庫県宝塚市)
宝塚大劇場でお披露目されたワコール提供の新緞帳(兵庫県宝塚市)

 宝塚歌劇の本拠地、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)で26日公開された新しい緞帳(どんちょう)は、ワコールホールディングス(HD)が寄贈し、製作は川島織物セルコン(京都市左京区)が手掛けた。京都企業の支援で生まれた西陣織の逸品が、華やかな舞台に彩りを添える。

 同劇場には三つの緞帳が設置されており、演目などに応じて使い分けている。ワコールHDは2001年以来、今回で3回目の寄贈となる。

 「夢」と題した新緞帳は縦9メートル、横24メートル、重さ1トン。光の中で踊る女性を黄色や水色、ピンク色などの淡い色彩で仕上げ、観客の舞台への期待や余韻を表した。デザインはワコールHD傘下のワコール(南区)が担当した。

 同日の贈呈式にはワコールHDの塚本能交社長らが出席。午後の公演から観客にお披露目された。

【 2018年01月26日 23時02分 】

ニュース写真

  • 宝塚大劇場でお披露目されたワコール提供の新緞帳(兵庫県宝塚市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース