出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

つえだけ扱う「つえ屋」躍進 超高齢化社会のニーズつかむ

新しく開発した「天国のつえ」を手にする坂野社長。多彩な品ぞろえで売り上げを伸ばしてきた(京都市中京区・つえ屋京都丸太町本店)
新しく開発した「天国のつえ」を手にする坂野社長。多彩な品ぞろえで売り上げを伸ばしてきた(京都市中京区・つえ屋京都丸太町本店)

 つえだけを扱う専門店「つえ屋」(京都市中京区)が、特異なビジネスモデルで注目を集めている。抱える在庫は約9千種類18万本。全国で直営店舗やフランチャイズ店、催事販売を展開する。超高齢化社会のニーズをつかみ、2006年の開業時に約1千万円だった年商は2億円を超えた。坂野寛社長(58)は「4年後の上場を目指す」と意気込む。

 傘に見えるカムフラージュつえに、LED(発光ダイオード)ライト内蔵のつえ、蒔絵(まきえ)を施した高級品。つえ屋の店内には多彩な商品が並ぶ。価格帯も1本約5千円~約260万円と幅広い。売れ筋は2~3万円の花柄で、坂野社長自らがデザインしている。手の大きさや握力の違いに対応できるよう持ち手部分だけで約400種類をそろえる。

 最近の新商品は「天国のつえ」。自らが亡くなった後、遺体とともに愛用のつえをひつぎに納めたいというお年寄りらの要望に応えるため、火葬時の副葬品として認められるよう、金属を使わず木だけで作り上げた。現在は階段用に伸び縮みするつえも開発中だ。

 坂野社長は「つえの地味なイメージを変えたい。在庫と種類がこれだけ多いと、結果的に競合も生まれにくくなった」と話す。

 同社は、介護用の住宅リフォームなどを手掛けていた坂野社長が「誰もやっていない事業を」と中京区の丸太町通沿いで創業した。当初はファッション性を重視したつえを販売していたが、自身が09年に目の難病を患ったのを機に、使い手のニーズをつかむ商品開発を心がけるようになった。「つえは体だけでなく、心も支えると分かったら、急に売れ出した」と振り返る。

 商品の種類が増えると在庫を置く場所が足りなくなり、倉庫兼用と考えて年1~3軒のペースで出店を拡大してきた。現在は、京都市内6店舗を中心に東京、大阪を合わせて11直営店がある。改装費をあまりかけず、店舗によって営業日数を限るなど効率的な経営をし、一定の利益率を確保しているという。

 百貨店での催事販売も、重要な販路だ。全国各地で年間約150回開くほか、中国や台湾、シンガポールなど海外にも足を運ぶ。

 坂野社長の目標は4年後に直営店を25店舗、フランチャイズを20~30店舗に増やし、年商5億円にすることだ。欧米や中国への本格的な進出も視野に入れている。「高齢化でつえの市場は拡大している。専門店の質と量でファンを作っていきたい」と意気込んでいる。

【 2018年03月11日 11時40分 】

ニュース写真

  • 新しく開発した「天国のつえ」を手にする坂野社長。多彩な品ぞろえで売り上げを伸ばしてきた(京都市中京区・つえ屋京都丸太町本店)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース