出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

日産、資本構成変更を検討
ゴーン氏後の連合継続へ

 日産自動車の西川広人社長は14日、横浜市で開いた決算記者会見で、企業連合を組むフランス大手ルノーとの間で資本構成の変更を検討する考えを示した。自立性の維持は強調しつつ、資本関係の再構築の必要性を指摘するカルロス・ゴーン会長の主張に寄り添った格好だ。剛腕で連合を束ねるゴーン氏ら現経営陣が退任した後も、連合が継続する体制を模索する。

 日産はルノー株の15・0%を持つ一方、ルノーは日産株の43・4%を保有している。ゴーン氏は経営統合の可能性に言及したこともある。

 西川氏は「資本構成の変更も視野に入っていることは違いない」と述べ、具体策を検討する考えを示した。

【 2018年05月14日 19時51分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース