出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・滋賀の上場企業、7割増益 3月期、海外事業強化も

京滋の上場企業の経常利益
京滋の上場企業の経常利益

 京都、滋賀に本社を置く上場企業の2019年3月期の業績予想は、経常利益の増益を見込む企業が7割に上ることが京都新聞社の集計で分かった。18年3月期実績の5割超から拡大する。各社は、高度情報化を支える半導体や電子部品、人手不足を補う自動化機械などの需要が業績をけん引するとみている。国内の個人消費は大きな伸びが期待できないため、新たな収益源を模索する動きも出ている。

 3月期決算の50社のうち金融関連4社と18年3月期から決算期を変更した1社を除く45社を集計した。

 19年3月期の売上高は増収予想が95・6%(43社)を占め、減収予想は4・4%(2社)にとどまった。経常利益は73・3%(33社)が増益とし、減益は26・7%(12社)だった。

 京セラやオムロンなど電子部品や産業機器の大手は、半導体や自動化機械などの好調な需要は当面続くと見込む。ただ、人件費や原油、資材価格が高騰しており、利益の押し下げ要因となりそうだ。少子高齢化や消費の不振で国内需要は伸び悩むため、ワコールホールディングスが中国や欧米での下着販売に力を入れるなど、海外事業を強化する企業も増えている。

 18年3月期は、増収の企業が82・2%(37社)、減収は17・8%(8社)だった。任天堂は家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が好調で、7年ぶりに1兆円を超えた。売上高1兆円以上の企業は京セラや日本電産、村田製作所を合わせて4社となった。経常利益は増益が55・6%(25社)、減益が44・4%(20社)だった。

【 2018年05月17日 08時12分 】

ニュース写真

  • 京滋の上場企業の経常利益
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      山口の保護男児「熱あるが元気」
      何も食べず3日間過ごしたか

      20180817000162

       山口県周防大島町で行方不明となり3日ぶりに保護された藤本理稀ちゃん(2)の様子について..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日大三4―3龍谷大平安
      日大三が競り勝つ

      20180817000159

       日大三が競り勝った。好機に1本が出なかったが、同点で迎えた八回2死満塁から金子の押し出..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大文字から点火、故人しのぶ 京都で「五山送り火」

      20180816000186

       お盆に迎えた先祖の霊を送る「五山送り火」が16日夜、京都市内の各山で営まれた。山腹の文..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      すかいらーく、プラストロー廃止
      2020年までに

      20180817000097

       すかいらーくホールディングスは17日、海外を含むグループ全店で使用しているプラスチック..... [ 記事へ ]

      国際

      消え行く戦争の痕跡、タイ
      バンコク動物園の防空壕

      20180817000109

       【バンコク共同】タイの首都バンコクで1938年に開園した「ドゥシット動物園」が今月末に..... [ 記事へ ]