出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

夜の京都観光PR、混雑分散へ 夜景一望バーや京舞体験も

京都市が「夜の京都」で観光客に紹介する屋上バー(京都市東山区・in the Moon)
京都市が「夜の京都」で観光客に紹介する屋上バー(京都市東山区・in the Moon)

 京都市内を訪れる観光客を分散させ、混雑を緩和するため、市は本年度から、「夜の観光」の売り込みに力を入れる。東山区の祇園地区から京都の夜景を一望できるビル屋上のバーや京都の食材を使った日本料理店、着物の着付けや京舞の体験といった魅力的なメニューを紹介し、宿泊客の増加にもつなげる。

 市の2016年調査によると、京都観光の「残念度」が最も高かったのが混雑への不満だった。夜観光の拡充は、誘客の場所と時間を分散化させる市の取り組みの一環として進める。

 市は、飲食店情報検索サイト運営の「ぐるなび」(東京都)と連携し、夜観光の特設ページを開設する。今夏に第1弾として、「祇園小唄」に合わせて京舞を踊る体験や、川床で舞妓と記念写真を撮影するサービスなど六つのメニューを発信する予定。

 夜景が楽しめるバーは、16年にオープンした東山区の「in the Moon.」。市内では珍しいルーフトップバー(屋上バー)で、鴨川沿いの川床やライトアップされた八坂神社、祇園の街並みなどが見える。店長の水田貴志さん(43)は「海外のお客さんも増えており、夜の京都の魅力を多くの人に知ってほしい」と話す。

 市観光MICE推進室によると、外国人観光客からは「店が閉まる時間が早い」などと不満の声も出ているといい、担当者は「夜観光を活性化させることで、宿泊や買い物によりお金を使ってもらえるようにもしたい」と話している。

 市は、観光客による混雑を緩和する対策として、二条城(中京区)で普段は非公開の庭園を眺めながらかゆを食べるプランなど「朝の観光」も提案している。また、人気の清水寺・祇園周辺、嵯峨嵐山から他の地区に観光客を誘導するため、浄住寺(西京区)や相国寺林光院(上京区)などの文化財初公開をアピールするなど場所の分散化にも取り組んでいる。

【 2018年05月17日 11時50分 】

ニュース写真

  • 京都市が「夜の京都」で観光客に紹介する屋上バー(京都市東山区・in the Moon)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      「窃盗症」医療支援が急務 衝動的に万引繰り返す精神疾患

      20180820000060

       窃盗罪での再犯者の割合がここ約20年で増加している中、金銭的な理由ではなく、衝動的に万..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ4選手の代表認定取り消し
      ジャカルタ・アジア大会

      20180820000064

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]

      国際

      ロンボク島地震で2人死亡
      余震が頻発、通信網も遮断

      20180820000047

       【ジャカルタ共同】インドネシア・バリ島の東隣にあるロンボク島で19日夜、マグニチュード..... [ 記事へ ]