出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の心霊スポット巡ります 興進が「妖怪タクシー」運行

京都の心霊スポットを巡る「京都妖怪タクシー」。助手席に妖怪のオブジェを置いている(京都市南区・興進タクシー)
京都の心霊スポットを巡る「京都妖怪タクシー」。助手席に妖怪のオブジェを置いている(京都市南区・興進タクシー)

 背筋が凍る昔話や心霊現象が伝わる京都市内のスポットを巡る「京都妖怪タクシー」の運行を、興進タクシー(南区)が始めた。移動中の車内で怪談の朗読を流すなど、恐怖感たっぷりのツアーに仕立てている。

 一般的な京都観光では立ち寄らない場所を案内し、「裏の京都の魅力」(同社)を伝えようと企画し、6月に運行を始めた。予約制で、午前と夕方に運行している。

 ツアーでは、小野篁(たかむら)ゆかりの六道珍皇寺(東山区)、死者がよみがえるという伝承が残る一条戻り橋(上京区)を訪ねる。午前は酒呑童子の伝説がある老ノ坂峠の首塚大明神(西京区)、日没前後には心霊スポットとしても知られる深泥池(北区)、清滝トンネル(右京区)を巡る。

 車中では立ち寄り先に伝わる怪談を朗読した録音を流すほか、おどろおどろしいBGMとともに妖怪などの画像をモニターに表示。妖怪の模型やお面も座席に飾る。1回4時間。料金は普通車(4人乗りと6人乗り)が2万400円、ジャンボハイヤー(9人乗り)が2万4千円。10月15日まで。

【 2018年08月09日 08時21分 】

ニュース写真

  • 京都の心霊スポットを巡る「京都妖怪タクシー」。助手席に妖怪のオブジェを置いている(京都市南区・興進タクシー)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース