出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の旅「ロボホン」がガイド タクシーで観光地巡り

ロボホンが京都の観光地をガイドする「京の『ロボ旅』タクシー」のイメージ
ロボホンが京都の観光地をガイドする「京の『ロボ旅』タクシー」のイメージ

 タクシー会社のエムケイ(京都市南区)やJTBなどは、シャープ製のモバイル型ロボット「RoBoHon(ロボホン)」と京都の観光地を巡る旅行商品を22日から来年3月末まで提供する。タクシーで清水寺周辺などを訪れる約6時間のツアーで、ロボホンがガイド役を務める。

 商品名は「京の『ロボ旅』タクシー」。JR京都駅前にあるエムケイの待合室(南区)でロボホンを借り、ジャンボタクシーで出発。清水寺周辺のほかに南禅寺や将軍塚青龍殿を見学、八坂神社や平安神宮、琵琶湖疏水を車内から眺める。

 ロボホンが衛星利用測位システム(GPS)で現在位置を把握し、音声で「この清水坂を下っていくと、右手側に三年坂っていう道があるよ」「(永観堂の)本尊の阿弥陀如来立像は『みかえり阿弥陀』とも呼ばれているだよ」などと案内する。日本語や英語、中国語で話せる。元から入っている機能で、ダンスや歌も披露する。

 価格は2、3人でロボホン1体を借りる場合は6千円、1人は7千円。問い合わせはエムケイトラベル075(662)1700。

【 2018年09月22日 10時00分 】

ニュース写真

  • ロボホンが京都の観光地をガイドする「京の『ロボ旅』タクシー」のイメージ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース