出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

グリコ見学施設、30年で一新
菓子作り体験も

 「グリコピア神戸」のポッキーをイメージしたトンネル(江崎グリコ提供)
 「グリコピア神戸」のポッキーをイメージしたトンネル(江崎グリコ提供)

 江崎グリコは29日、主力製品の「ポッキー」や「プリッツ」の製造工程を見学できる施設「グリコピア神戸」(神戸市西区)のリニューアル内容の詳細を発表した。お菓子作りの体験スペースを設け、より楽しめるようにする。開館30年に合わせた初の全面改装で、10月1日に再オープンする予定だ。

 施設の入り口にはポッキーをイメージした高さ約3メートルのトンネルを設置し、写真映えも意識した。プリッツが焼き上がる工程を無料で見学した後、希望者は有料でビスケット菓子「ビスコ」の形やクリームの量を自分用にアレンジする体験ができる。料金は1セット2人までで1500円。

【 2018年09月29日 10時31分 】

ニュース写真

  •  「グリコピア神戸」のポッキーをイメージしたトンネル(江崎グリコ提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース