出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

JR西、新快速に有料座席導入へ 19年春から東海道線で

JR西日本が新快速電車に導入する有料座席サービスの車内イメージ
JR西日本が新快速電車に導入する有料座席サービスの車内イメージ

 JR西日本は24日、京阪神などの東海道線を走行する新快速電車で、2019年春に有料座席サービスを導入すると発表した。利用料は一律500円。混み合う時間帯でも着席できるようにし、乗客の快適性を高める。

 運転区間は、東海道線の琵琶湖線(長浜-京都)、京都線(京都-大阪)、神戸線(大阪-姫路)の一部。ダイヤは朝夕のラッシュ時を想定し、1日上下4本から始める。通勤・通学客のほか高齢者や訪日観光客などのニーズを見込む。

 12両編成のうち9号車1両を改造し、「Aシート」と名付ける。座席は46人分で、リクライニング機能とテーブル付き。給電用のコンセントや無料のWi―Fi(ワイファイ)環境も整える。座席は自由に選べ、料金は車内に配置する乗務員に現金や交通系ICカードで支払う仕組み。

 大阪市内で会見したJR西の来島達夫社長は「近畿の鉄道ネットワークの軸を成す新快速に、新たな価値を加える」と説明。利用状況や乗客の反応を見ながら、導入車両の拡大を検討するという。

 座席の有料化は、京阪電気鉄道が昨年8月、関西の大手私鉄で先駆けて座席指定の特急車両「プレミアムカー」の運行を始めた。訪日客が増加する中、京阪神の主要鉄道で快適性を競うサービス競争も激しくなりそうだ。

【 2018年10月24日 17時50分 】

ニュース写真

  • JR西日本が新快速電車に導入する有料座席サービスの車内イメージ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース