出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

済生会京都府病院、移転作業本格化へ 29日から発掘調査

土地区画整理事業の対象地。阪急西山天王山駅に近く、京都縦貫自動車道に沿っている(京都府長岡京市下海印寺)
土地区画整理事業の対象地。阪急西山天王山駅に近く、京都縦貫自動車道に沿っている(京都府長岡京市下海印寺)

 済生会京都府病院が移転を計画している阪急西山天王山駅近くの土地の地権者23人でつくる「長岡京市下海印寺下内田土地区画整理組合」が26日、京都府長岡京市の認可を受けて発足した。埋蔵文化財の発掘調査や用地の売買交渉など、2022年度内をめどにした新病院の開業に向けた作業が本格化する。

 市によると、住民を主体とした土地区画整理事業は市内で2例目。今回の土地区画整理事業の対象地は、現在は主に農地となっている1万8千平方メートル。うち1万4千平方メートルを病院用地に転用し、残りは農地や公園とする計画で、地権者は、準備組合を組織して病院側と移転に関する協定を昨年6月に締結していた。

 組合は11月4日に設立総会を開き、今後の事業展開について確認する。準備組合理事長の山本啓治さん(69)は「ここまでは無事にこぎ着けることができた。周辺の住民も含めみんなが納得できる事業にしたい」と話している。現地は、伊賀寺遺跡の所在地に当たり、今月29日から発掘調査が行われる。

 新病院は、同市今里にある現病院が老朽化し手狭なために移転して建設する。計画では、地上7階延べ約2万6千~2万8千平方メートルに、現在と同じ23の診療科が入る。長岡京市は、新病院の建設に財政支援を行う方針を示している。

【 2018年10月27日 11時10分 】

ニュース写真

  • 土地区画整理事業の対象地。阪急西山天王山駅に近く、京都縦貫自動車道に沿っている(京都府長岡京市下海印寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース