出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

米FRB、金利据え置き
景気好調、12月利上げ公算

 米連邦準備制度理事会(FRB)本部ビル(AP=共同)
 米連邦準備制度理事会(FRB)本部ビル(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)は8日、金融政策を協議する連邦公開市場委員会(FOMC)で、主要政策金利を年2・0~2・25%に据え置くことを全会一致で決めた。会合後に公表した声明で、景気は「力強く拡大している」との認識を維持し、高成長が続いていると分析した。

 FRBは「さらなる段階的な利上げが適切だ」と説明し、景気過熱を防ぐため、次回12月会合で政策金利の引き上げに踏み切る公算が大きい。

 声明では、雇用は引き続き堅調で、約48年ぶりの低水準に改善した失業率を前回の「低い水準にある」から、「低下した」に変更した。

【 2018年11月09日 05時11分 】

ニュース写真

  •  米連邦準備制度理事会(FRB)本部ビル(AP=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース