出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

地元企業の中間決算 互応化学工業

表の数字の単位は百万円。▲は減
表の数字の単位は百万円。▲は減

 ■中国向け停滞で減益

 【互応化学工業】化粧品や工業用途向けの樹脂は堅調だったが、中国の環境規制や電子機器の在庫調整に伴う生産活動の停滞で転写向けの焼成樹脂が低迷し、減収。原油高が利益も圧迫し、経常利益と純利益は大幅減だった。

 19年3月期は、中国で需要が戻るとみて期初の増収予想を維持。人員拡大による経費増や前期に計上した株式売却益がなくなるため、利益は落ち込む見通し。福井県坂井市で操業する主力工場の隣接地2・5万平方メートルを約4億円で取得し、藤村春輝社長は「樹脂の用途を広げ、将来的に新製品の生産工場を建てたい」と述べた。

【 2018年11月13日 10時58分 】

ニュース写真

  • 表の数字の単位は百万円。▲は減
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース