出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大手冬のボーナス、95万6千円
過去最高、経団連調査

 経団連は16日、大手企業が支給する冬の賞与・一時金(ボーナス)の第1回集計を発表した。平均妥結額は昨冬に比べて3・49%増の95万6744円と過去最高を更新した。第1回集計としては4年連続で90万円台となった。

 好調な企業業績を反映し、12業種のうち10業種で前年を上回った。経団連の担当者は「好業績の企業が多く、最終集計でも高水準となることが見込まれる」という。

 製造業の平均妥結額は3・31%増の94万8013円。非製造業は妥結額が判明している企業が3社と少ないが、8・30%増の120万7875円。

【 2018年11月16日 18時31分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース