出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

道の駅にマリオットホテル 20年秋から京都など5府県15カ所

マリオットインターナショナルと積水ハウスが全国展開する道の駅併設型のホテルのイメージ画像
マリオットインターナショナルと積水ハウスが全国展開する道の駅併設型のホテルのイメージ画像

 世界ホテル最大手の米マリオット・インターナショナルと積水ハウスは28日、京都府など5府県の「道の駅」に併設する宿泊特化型ホテルを2020年秋から順次開業すると発表した。京都では宮津市、京丹波町、南山城村の3カ所に建設。都市部から離れた郊外や農山村に進出、地域の食や文化を生かした集客を図る。

 京都府のほかに栃木、岐阜、三重、和歌山4県にある道の駅15カ所に隣接した場所で積水ハウスがホテルを新築し、運営する。ホテルブランドは、日本初進出となる「フェアフィールド」。計約1千室を予定し、マリオット側が接客サービスのノウハウなどを積水ハウスに提供する。

 京都府の道の駅は、「海の京都宮津」(宮津市)に90室、「京丹波味夢の里」(京丹波町)に71室、「お茶の京都みなみやましろ村」(南山城村)に50室を計画。農村部に足を延ばす訪日外国人らが増える中、拡大する宿泊需要を取り込む。ホテル内にはレストランや土産物販売のスペースを設けず、道の駅をはじめとした地元消費を促すことで、地域活性化にもつなげる。

【 2018年11月28日 23時00分 】

ニュース写真

  • マリオットインターナショナルと積水ハウスが全国展開する道の駅併設型のホテルのイメージ画像
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース