出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ミャンマーで車整備士育成
日本支援、訓練学校建設へ

 ミャンマー・ヤンゴンの渋滞。日本製の中古車がほとんどだ=6月(共同)
 ミャンマー・ヤンゴンの渋滞。日本製の中古車がほとんどだ=6月(共同)

 【ヤンゴン共同】ミャンマーで日本が支援する自動車整備士の育成訓練学校が創設される。国際協力機構(JICA)とミャンマー政府が18日、最大都市ヤンゴンで校舎建設計画に関する契約を締結した。

 民政移管後、ミャンマーには大量の日本製の中古車が輸入された。JICAによると、技能の高い整備士が足りず、養成が急がれていた。

 これまでに校舎設計で1億6500万円を上限とする無償資金供与が決まっている。新校舎は2021年完成予定だが、既存の校舎で来年末に授業を開始する。

【 2018年12月18日 16時26分 】

ニュース写真

  •  ミャンマー・ヤンゴンの渋滞。日本製の中古車がほとんどだ=6月(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース