出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

タカラ缶チューハイ35周年で復刻デザイン缶 4種の味販売

宝酒造が限定発売する復刻デザイン缶の「タカラcanチューハイ」
宝酒造が限定発売する復刻デザイン缶の「タカラcanチューハイ」

 宝酒造は、ロングセラー商品「タカラcanチューハイ」が発売35周年を迎えた24日、発売当初の復刻デザイン缶を3月19日から限定発売すると発表した。27年ぶりに復活する「プラム」など4種の味を販売し、同商品専用のコミュニティーサイトも開設した。

 日本初の缶入りチューハイの同商品は1984年1月24日の発売で、2017年までに累計約22億本を販売した。現在チューハイ市場で10位のブランドとして根付いている。

 銀色のデザインは、ほぼ変わらないが、発売当初と同様に「can―CHU―HI」の文字の周囲の縁取りをなくした。缶上部は黒くして35周年記念を示す文字を入れた。

 プレーンとプラム(数量限定)、グレープフルーツとレモン(12月までの期間限定)の4種で350ミリリットル(税抜き210円)。レモンは250ミリリットル(同160円)と500ミリリットル(同280円)がある。

【 2019年01月24日 20時20分 】

ニュース写真

  • 宝酒造が限定発売する復刻デザイン缶の「タカラcanチューハイ」
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース