出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

オリックスが洋上風力発電を計画
千葉・銚子沖建設、1千億円投資

 オリックスは14日、千葉県銚子沖に大規模洋上風力発電所を建設する計画を発表した。出力計20万キロワットで総事業費は1千億円程度を想定している。2023年度に着工し、25年度中の稼働を目指す。

 オリックスは太陽光発電とともに洋上風力にも力を入れ、バランスの取れた再生可能エネルギー投資を目指す。

 風車を固定しても問題がないか、海底地質調査を今年3月中旬まで実施する。風の強さは16年から調べており、商業運転に十分だと判断した。洋上風力の建設や運転の経験を持つ企業との提携も検討する。

【 2019年02月14日 16時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース