出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「水質浄化でフグやヒラメ養殖」に大賞 しがぎん野の花賞

審査員に向け自社のビジネスプランをアピールする参加企業(滋賀県草津市・しがぎん草津ビル)
審査員に向け自社のビジネスプランをアピールする参加企業(滋賀県草津市・しがぎん草津ビル)

 滋賀銀行は、独創的な新事業や製品開発に取り組む中小・ベンチャー企業に贈る「しがぎん野の花賞」の最終選考会を滋賀県草津市のしがぎん草津ビルでこのほど開き、今年の大賞に、独自の水質浄化システムでトラフグやヒラメの養殖を目指すアクアステージ(草津市)を選んだ。

 滋賀銀が2000年から新規事業支援として開く「サタデー起業塾」の参加企業など28団体のうち、最終選考に残った9団体が商品やサービスをPRして競い合った。高橋祥二郎頭取と滋賀県の上場企業8社の役員らが審査した。

 表彰式では、協賛企業賞もあり、参加者が高橋頭取から表彰状と奨励金を受け取った。

 ほかの受賞者は次の通り。

 アテクト賞=魚庄(近江八幡市)▽オプテックスグループ賞=立命館大EDGE SPROUT(草津市)▽三東工業社賞=丸宮穀粉(東近江市)▽タカラバイオ賞=未病マーカー研究所(大阪市)▽日本電気硝子賞、フジテック賞=認定NPO法人つどい(長浜市)▽平和堂賞=アクアステージ(草津市)▽メタルアート賞=ツジコー(甲賀市)▽SDGs賞=日産スチール工業(木津川市)▽野の花賞=プロフリー(湖南市)

【 2019年02月26日 08時50分 】

ニュース写真

  • 審査員に向け自社のビジネスプランをアピールする参加企業(滋賀県草津市・しがぎん草津ビル)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース