出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

地下街に「枯山水」や「石庭」 京都駅前・ポルタ西エリア改装

枯山水や石庭をイメージして改装した休憩スペース(京都市下京区・ポルタ)
枯山水や石庭をイメージして改装した休憩スペース(京都市下京区・ポルタ)

 JR京都駅前地下街「ポルタ」(京都市下京区)の西側エリアのリニューアル工事が完了し、運営会社の京都ステーションセンター(同区)が14日公開した。店舗の一部や休憩スペースを京都らしい雰囲気に刷新した。

 西エリアを京都の洛西・嵐山地域に見立てて改装。休憩スペース「よりみちスクエア」(約210平方メートル)には、石庭や枯山水をイメージした装飾を床や柱にあしらった。観光客や買い物客が自由に利用できるソファやコンセントも設けた。

 女性用トイレには、竹林をイメージし、京都産の竹200本を使った照明を採用。授乳スペースも新設した。

 西エリアに約90店舗あるアパレルや雑貨店のうち11店で、改装や店舗入れ替えを実施。今月28日にかけて順次オープンする。

【 2019年03月14日 21時20分 】

ニュース写真

  • 枯山水や石庭をイメージして改装した休憩スペース(京都市下京区・ポルタ)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース