出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

滋賀のタクシー10月値上げ 8月に新運賃を公表

 国土交通省近畿運輸局は18日、滋賀県内のタクシー会社からの運賃値上げ申請を受け、運賃改定の審査を始めると発表した。審査で値上げ幅を判断し、10月から新料金になる。

 大津市地区の7事業者が平均14・59%、滋賀北部地区(大津市以外)の18事業者が平均13・77%の値上げをそれぞれ求めていた。運賃改定の条件となる地区内の全法人車両数の7割を上回った。

 今後、近畿運輸局が審査を実施し、8月に新運賃を公表する。実際の値上げ幅は圧縮されることが多い。2013年8月の値上げ時は大津市地区が9・6%、滋賀北部地区は8・4%だった。タクシー各社は値上げの主な理由に、人手不足解消に向けた乗務員の賃金改善を挙げている。

【 2019年03月19日 07時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース