出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

貸し切りクルーズ船で琵琶湖周遊いかが 乗客要望で運航アレンジ

披露された貸し切り専用クルーズ船(大津市浜大津5丁目)
披露された貸し切り専用クルーズ船(大津市浜大津5丁目)

 国内外から琵琶湖へ観光客を呼び込もうと、県大津港マリーナ(大津市浜大津5丁目)に貸し切り専用の民間クルーズ船が初めて就航し、6日に式典が行われた。

 本年度の同マリーナの指定管理者であるセイレイ興産(大阪市北区)などが船を導入した。全長約12メートル、幅約3メートルで、定員12人。キッチンやトイレ、ベッドルームなどを装備している。南湖や沖島を巡るクルージングや、船上で比良山系を眺めながらのランチなど、乗客の要望に合わせて運航する。

 この日は関係者による記念式典と試乗会があった。同社の山岡健人社長は「一人でも多くの人に琵琶湖の自然を楽しんでほしい」と期待を込めた。

 利用の3日前までに予約が必要。同社マリーナ事業部077(585)1212。

【 2019年04月07日 11時07分 】

ニュース写真

  • 披露された貸し切り専用クルーズ船(大津市浜大津5丁目)
  • クルーズ船を背にテープカットをする関係者+(大津市浜大津5丁目・県大津港マリーナ)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース