出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

住宅ローン審査、最短で当日に 京都中央信用金庫が短縮システム

 京都中央信用金庫は10日、住宅ローンの審査期間を短縮する業務支援システムを導入した。申し込みから平均3日程度かかっていた諾否の判定が、最短で当日にできるという。サービス向上と職員の負担軽減につなげる。

 借入者の年収や勤務先、取得物件の情報をソフトウエアで自動的に審査するシステム。従来は各種証明書など所定の書類を全て用意する必要があったが、収入や職業を自己申告する申込書と運転免許証、物件のチラシなどがあれば審査を受け付ける。「審査時間を短縮し、お客様のコンサルティングに十分な時間を割きたい」(融資統轄部)としている。

 また、住宅ローン契約前に必要な商品説明を分かりやすく提供する動画コンテンツも作成し、同日からホームページ上で公開した。これまで利用者は店舗で職員からの口頭説明を1時間程度受けていたが、今後はスマートフォンなどで自由な時間に視聴できる。

【 2019年04月10日 18時36分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース