出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

平成は水浅葱色、令和は薄紅色 時の移ろい表現したお香販売

松栄堂の「レスポワール」
松栄堂の「レスポワール」

 香老舗の松栄堂(京都市中京区)は、改元にちなみ、時の移ろいをテーマにしたお香2種が入った「レスポワール」を発売した。水浅葱(みずあさぎ)色の「平成」は記憶の中の懐かしい日々をイメージし、香木と花の香りが調和する。薄紅色の「令和」は、みずみずしい軽やかな香りで希望に満ちた新時代を表現した。各5本ずつ10本入りで1296円。また京都本店など限定で、1本で2種の香りが楽しめる特別なお香1本が含まれる「レスポワールはじまりの香」(7本入り、1620円)を限定500個販売している。

【 2019年05月16日 11時39分 】

ニュース写真

  • 松栄堂の「レスポワール」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース