出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

東証、午前終値は2万1107円
反落、下げ幅一時200円超

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町
 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 23日午前の東京株式市場は、トランプ米政権の中国に対する強硬姿勢を嫌った売り注文が広がり、日経平均株価(225種)は反落した。下げ幅は一時200円を超え、取引時間中として1週間ぶりの安値を付けた。

 午前終値は前日終値比175円50銭安の2万1107円87銭。東証株価指数(TOPIX)は8・54ポイント安の1537・67。

 米国による中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置に加え、他の中国ハイテク企業にも対象が広がるとの観測から日本企業の業績にも一段と悪影響が広がるとの見方が出て、投資家心理が悪化した。

【 2019年05月23日 11時56分 】

ニュース写真

  •  東京証券取引所=東京・日本橋兜町
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース