出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

登録有形文化財を改修 京王系が京都中心部に新ホテル開業へ

31日にホテルがオープンする旧日本生命京都三条ビル(京都市中京区)
31日にホテルがオープンする旧日本生命京都三条ビル(京都市中京区)

 京王電鉄のグループ会社、リビタ(東京)は31日、京都市中京区に「TSUGU 京都三条 THE SHARE HOTELS」をオープンする。

 三条通柳馬場西入ルにある一部が登録有形文化財の旧日本生命京都三条ビルを改修した。客室数は49室。

 同ホテルは地上6階、ホテル部分は延べ2407平方メートル。石張りの塔など登録有形文化財部分は1914年築。「ローカルへ旅を継ぐ」をテーマに地方の魅力発信を目指し、岡山県の食材を使ったカフェや老舗デニム店が入る。ロビーにも工芸作家の作品を展示販売する空間を設ける。

 宿泊客の交流場所としてシェアキッチンやソファスペースを設け、一人旅からグループまで幅広い利用を想定する。宿泊料はスタンダードダブルが1室1万8千円から。1人4千円からのドミトリータイプも備える。

【 2019年05月31日 06時00分 】

ニュース写真

  • 31日にホテルがオープンする旧日本生命京都三条ビル(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース